産後抜け毛はすぐに対策するべき!
産後の抜け毛はいつから始まるのかというと、産後すぐではなく、3ヶ月後くらいから始まります。産後4ヶ月頃に抜け毛のピークを迎える方が多いようです。もちろん個人差はありますが、産後1ヶ月から1年後、もしくは1年以上経ってからという方もいます。

産後の抜け毛には、7割くらいの方が経験しており、抜ける時期で、もっとも多いのは産後1ヶ月から6ヶ月の間です。

悩む内容は様々ですが、髪の毛がパサついてきた、ツヤなくなってきた、髪の毛が細くなった、髪の毛が束で抜けて頭皮が目立つようになってしまった、髪の毛が減ってくるといきなり老けた感じになる、髪の毛がまとまらない、生え際が薄くなった、いつもボサボサで困った、人前に出るのが嫌になるなどなど。産後抜け毛は十人十色です。

共通の感想としては、老けた、やつれたというところです。産後は、髪の毛もそうですが、体もスカスカになっている状態だと思います。産後の疲れている生活に、抜け毛があるとかなり精神的にも参ってしまうかもしれません。

産後抜け毛の原因は?

産後の抜け毛の原因は、ヘアサイクルの問題と関わってきます。通常は、退行期→休止期→発生期→脱毛→成長期というサイクルを繰り返しています。このヘアサイクルのおかげで髪の毛は成長して、ツヤのある状態を維持できるのです。

妊娠中は、生命の神秘ということらしいのですが、体を守るために女性ホルモンの分泌量が多くなり、全身の毛が抜けないのです。そういえば妊娠中は髪の毛が多くなったと感じたり、抜けないなと思ったりしたかもしれません。

そして産後、ヘアサイクルは休止期になります。だいたい休止期は3ヶ月くらいあります。

その後は発生期になり、発生期とは、休止期に成長が止まった髪の毛の下から新しい髪の毛が生えてくることです。

そのために次のサイクル、脱毛へとなるのです。そうなると産後の休止期にあった髪の毛が抜けるということは、ヘアサイクルを考えると仕方のないことなのです。抜け毛を止めることはできないということになります。抜けることへの心配はあまりしないほうがストレスも溜まらなくていいのです。

産後抜け毛が早くよくなる方法は?

このブログのタイトルにも書いている通り、産後抜け毛になったら、悩んだり落ち込んだりしている暇はありません。落ち込んでも髪が生えてくる訳ではないので、一刻も早く対策をはじめた方が絶対にいいです。

産後が原因の抜け毛は一過性のもので自然に治りますが、産後の乱れた生活、ストレスなどによる影響で長引いてしまうことがあるのです。まずはその2つを意識した対策をしましょう。

ただし、食事制限や睡眠時間を確保する程度では、抜け毛の量は減らせても、新しい髪を生やすという部分では全然対策になりません。

だからこそ、頭皮に直接作用する育毛剤などを併用することは必須です。

産後に使う育毛剤で注意すること

産後の育毛剤選びで注意すること
産後に育毛剤を使う場合、2つのことに注意する必要があります。

まず1つ目ですが、母乳などに影響が出ない無添加の育毛剤を選ぶようにしましょう。頭に使うものだから母乳に影響なんてないと考えがちですが、頭皮から浸透した成分は身体の中に入ります。

そして、2つ目は、医薬部外品の育毛剤を選ぶようにしましょう。先程、頭皮から育毛剤の成分が入るという話をしましたが、医薬品の育毛剤は女性が使ってはいけない「ミノキシジル」などの成分が入っている物もあるので、注意してください。

医薬部外品の育毛剤は効果が若干弱い代わりに、副作用がほとんど起きないように作られているので、安心です。効果が弱いと言っても厚生労働省で効果を認められた物しか医薬部外品とは書けないので、効果が出ないということはありえません。

産後育毛剤の効果に関するもっと詳しい情報を知りたい場合には、産後育毛剤は本当に抜け毛に効果があるのか?という記事が参考になるので、興味がある方は見てみてください。(私の運営するサイトではありませんが、とても参考になるいい記事です。)

育毛剤を使うのに抵抗があるのもわかるけど、育毛剤を使うことは恥ずかしいことじゃない!

産後抜け毛は年齢に関係なく起きる現象なので、20代や30代の女性は育毛剤を使うことに抵抗があると思います。

私も子供を産んだ時が23歳だったので、当時はかなりイヤでした。しかし、いろいろ調べてみるとわかるんですが、最近は若い女性でも育毛剤を使うことが当たり前になっているんです。

今や社会人として働くのは男性に限った話ではないので、女性もストレス社会に進出しています。だからこそ、ストレスによる抜け毛は男性だけの問題ではなくなってきているのです。育毛剤を使うことは決して恥ずかしいことではなく、トリートメントやシャンプーにこだわってヘアケアするのと同じぐらいの感覚になりつつあります。

その証拠に、ネット通販なんかで売られている女性用の育毛剤は、化粧品の容器のようなおしゃれなデザインの物ばかりです。

何となく恥ずかしいという気持ちはわかりますが、抜け毛を放置して薄毛になる方がもっと恥ずかしい思いをするので、そういう気持ちは捨ててしまいましょう。

育毛剤を使うとどんな風に抜け毛が改善していくのか

産後抜け毛がどうやって治るのか
ここまで育毛剤をすすめておいて言うのも何ですが、育毛剤を使ったらすぐに抜け毛が改善するかというと、決してそんなことはありません。

私が育毛剤を使っていた時も、完全に治るまでには約10ヶ月程の時間がかかりました。

私の場合、育毛剤を使いはじめて3ヶ月ぐらいした頃から抜け毛の量が減っていき、そこから更に2ヶ月程継続したことで、新しい髪が生えてきました。

新しい髪はアホ毛のようにふわふわした毛で、生え始めはまとまりがありません。ただ、その髪が伸びてしまえばあとは元からあった髪と馴染んでいくので、髪のボリュームが自然に増えていく感覚を得ることができます。

一般の人でも髪は1ヶ月に1ミリ程度しか伸びないので、髪が生え始めてから完全に伸びるまでに多少時間が掛かるのは当たり前の話なんです。だからこそ、抜け毛に気付いたタイミングですぐに対策を始めないと、薄毛の状態が長く続いてしまいます。

産後抜け毛対策のまとめ

産後抜け毛に悩む必要なんてない
今回は産後抜け毛について長々と書いてしまいましたが、私が言いたいことは、「産後抜け毛はみんなが経験することなので、悩む必要なんてない!」ってことです。

当サイトでも、今後は産後抜け毛に関する記事を増やしていく予定ですし、ネットで調べればいくらでも情報は拾えます。

だからこそ、落ち込んで時間を浪費するのはもったいないです。子供を産んだばかりで忙しいのも、みんな一緒なので、自分のできることから少しずつでも行動していきましょう。

この記事では育毛剤を使うこをメインに書いてきましたが、それ以外にも頭皮の血行促進、栄養が偏らない食事、睡眠を取ること、適度な運動をしてストレスを溜め込まない生活を送ること、なども当然効果があるので、少しずつ意識をしながら、抜け毛に悩む期間をできる限り短くしていきませんか?

何かの縁でこのサイトに来てくれたあなたの悩みが、1日でも早く解決できることを心より願っています。

「みんな!産後抜け毛なんかに負けるな!!」

投稿日:

Copyright© まだ「産後抜け毛」で消耗してるの? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.